VPNの基礎知識

筑波大学VPN Gateの危険性は?安全に利用する方法も解説!

筑波大学VPN Gateの危険性は?安全に利用する方法も解説!

筑波大学VPN Gateは、無料で提供されているVPNです。簡単にVPN接続できることから、多くのユーザーが利用していますが、危険性について気になっている方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、筑波大学VPN Gateには危険性やリスクがあるのか?を解説します。また、安全に利用するための方法も併せて解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事でわかること
  • 筑波大学のVPN Gateとはどのようなサービスなのか知ることができる!
  • 筑波大学VPN Gateの危険性について理解できる!
  • 筑波大学VPN Gateを安全に利用する方法が分かる!

筑波大学のVPN Gateとは?

筑波大学のVPN Gateとは?

筑波大学のVPN Gateは、無料で提供されているVPNです。国立の大学が運営していることからも、一定の信頼性があるオンラインサービスですが、どのような仕組み・内容なのか気になっている方も多いのではないでしょうか。

そこでここからは、筑波大学VPN Gateの運用目的や仕組みについて解説します

学術研究が目的のVPN

VPN Gateとは、筑波大学が2013年に学術研究を目的として運用を開始したVPNサービスです。

研究課題
  • 政府の検閲用ファイアウォール
  • IP アドレスによる個人の特定
  • 公衆無線 LAN の盗聴

これら既存の問題点を解決するために、筑波大学VPN Gateの学術実験は開始したとのことです。

ボランティアによる中継サーバー

筑波大学VPN Gateは、有料のVPNプロバイダのように物理サーバーを自社で設置しておらず、ボランティアの中継サーバーを用いることで運用されています。

これによる利点は以下の通り。

利点
  • サーバーが分散
  • ISPも分散
  • IPアドレスも不定期に変更
  • ユーザーが無料で利用できる

ボランティアのコンピュータを中継サーバーにするため、地理的(ロケーション)にも分散するほか、各ボランティが接続しているISP(インターネットサービスプロバイダ)も分散します。

また、参加しているボランティアは毎日入れ替わっているため、IPアドレスも不定期に変更されるといったメリットもあります。

なお、サーバーの運用管理コストをボランティア側が負担することになるため、ユーザーはVPN接続を無料で利用できる点も大きなメリットのひとつと言えるでしょう。

複数プロトコルをサポート

筑波大学VPN Gateでは、複数のプロトコルをサポートしています。

プロトコル
  • SoftEther VPN(大学発のプロトコル)
  • L2TP/IPsec
  • OpenVPN
  • MS-SSTP

VPNに接続する場合、OSによってプロトコルが異なります。Windowsの場合、SoftEther VPN (推奨)、L2TP/IPsec、OpenVPN、MS-SSTPに対応しています。

Mac OやiOS、Androidについては、L2TP/IPsec (推奨)、OpenVPNが対応プロトコルとなります。

筑波大学VPN Gateの危険性

筑波大学VPN Gateの危険性

筑波大学VPN Gateは無料で提供されているため、多くのユーザーが利用しています。ただし、予期せぬトラブルに発展しないよう、どのような危険性が潜んでいるのかを理解した上で利用しなければなりません。

そこでここからは、筑波大学VPN Gateの危険性について詳しく解説します

サーバー管理が不透明

筑波大学VPN Gateは、ボランティアの中継サーバーを利用して運用されています。これにはメリットがある一方で、サーバー管理が不透明というデメリットも存在します。

例えば、有料で品質の高いVPNサービスの場合、帯域幅調整をされることなく利用できます。しかし、ボランティアの中継サーバーは管理者がそれぞれ異なるため、接続するサーバーが不安定なケースも多い傾向にあります

ロギングするため匿名性が低い

筑波大学VPN Gateを利用する上で、最も注意したいことがロギングです。

VPNサーバーを経由してアクセスをする場合、接続ログやアクティビティログが残ります。通常、高品質な有料VPNでは「ノーログポリシー」で運用されているため、これらのログが残らず安全です。

しかし、筑波大学VPN Gateでは、接続ログを3ヶ月間保有するため、匿名性は極めて低いです。また、ボランティアが運営している中継サーバーのログポリシーも「最低2週間保存」とするケースが多い傾向にあります。

ログポリシーを各サーバーの管理者に委ねる形になるため、仮に悪用されても責任の所在も不透明となり、あくまで自己責任となります。

IP / DNS / WebRTCのアンチリーク機能がない

筑波大学VPN Gateは手軽に利用できる無料VPNですが、IP / DNS / WebRTCなどのアンチリーク機能が付いていません。

例えば、一般的な有料VPNプロバイダでは「kill Switch(キルスイッチ)」の機能が付いてきます。これはVPN接続が何かしらの原因で途切れた際に、インターネット接続を遮断する機能です。

このような機能が付いていない場合、裏側でさまざまなデータが送信されてしまうリスクがあるため注意しなければなりません。

筑波大学のVPN Gateを安全に利用する方法

筑波大学のVPN Gateを安全に利用する方法

筑波大学のVPN Gateには、メリットとデメリットが混在しています。そのため、VPN Gateで接続する際には、一定のリスクを許容して利用しなければなりません。

そこでここからは、筑波大学のVPN Gateをより安全に利用する方法について解説します

個人情報には注意する

筑波大学のVPN Gateはロギングするため、匿名性が非常に低いVPNサービスです。また、中継サーバーごとにログが記録される期間も異なるため、個人情報の取扱には細心の注意を払いましょう。

例えば、会員サイトへのログインなど、ログイン情報の入力が必要なサービスの利用は避けるなど、万が一の流出も想定しつつ自己防衛しなければなりません

ネットで決済をしない

筑波大学のVPN Gateは、ボランティアの中継サーバーに関しても信頼性が低いと言わざるを得ません。そのため、個人情報の取り扱いと同様に、クレジットカードなどの決済情報についても気を付ける必要があります。

真偽のほどは分かりませんが、インターネット上にはこのような口コミも散見されています。

不用意に決済情報を入力した場合、中身が流出する危険性も考えられますので、ネット決済はVPN Gateに接続している最中は行わずに、信頼できる通信環境下で行いましょう

検閲の厳しい国は利用を避ける

筑波大学のVPN Gateはロギングを行い、捜査機関および司法機関に対するログの開示も行うとしています。そのため、検閲の厳しい国でVPN Gateを利用するのはお勧めできません。

例えば、検閲厳しい国からログの開示請求が筑波大学にあった場合、接続をしているユーザーの情報が開示されてしまいます。匿名性の観点からも、ユーザーが国から罰則を受けてしまうリスクが存在します。

そのため、厳しい検閲を回避する目的で利用する場合、ノーログポリシーで運用されている信頼性・匿名性の高いVPNサービスを利用しましょう

まとめ

筑波大学VPN Gateの危険性は?安全に利用する方法も解説!

筑波大学のVPN Gateは、学術目的で運用・提供されているVPNサービスです。ボランティアの中継サーバーを利用しているため、ユーザーは無料でVPN接続ができるメリットがあります。

一方で、ロギングの観点からも匿名性は非常に低く、仮に情報の流出があっても自己責任となります。そのため、利用する際にはログイン情報や決済情報など、個人情報の取扱には注意しましょう

なお、より安全にネット接続をしたい場合、ノーログポリシーで運用されている「NordVPN」や「ExpressVPN」がおすすめです。以下の記事で無料トライアルについても解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事はこちら
記事タイトルとURLをコピー
ABOUT ME
ギル編集長
冥界ではWeb関連の仕事に従事しているギル編集長。Web制作の傍ら、VPNメディアの管理人と編集長を兼務!長年VPNを愛用している冥界きってのVPNのヘビーユーザー。
高品質なVPNで「安全」に高速接続する

高品質なVPNは、オンラインデータの暗号化やマルウェアブロックで第三者からの悪用を防ぎます。また、帯域が無制限で超高速接続が可能なため、データ使用量を気にすることなくストレスフリーでインターネットを楽しめます。

無料VPNとは違い、厳格なノーログポリシーでトラッキングが収集されるリスクもありませんので「安全」に高速接続をしたい方は、高品質なVPNを利用しましょう!

\ おすすめの高品質VPNはこちら /

NordVPNExpressVPN